香川県で生まれ育った、現役香川県人のブログ

香川県で生まれ育ち、今も現役香川県人のばっきーがお届けする香川県情報と思考の数々。

「手ぶらで生きる。」を購入しました!感想!

   

手ぶらで生きる、という本を購入しました。

 

手ぶらで生きる

 

こんにちは、ばっきーです。

 

好きですね。

片付け本とか、ミニマリスト本とか(笑)

 

先日、何かの機会で著者のミニマリストしぶさんのブログを読みました。

なにか特別に調べていたことがあったわけじゃないんですが、たどり着いて読みました。

 

そんなときに出版のお知らせが来て。

「これは運命だ!(笑)」と勝手に判断して購入に至りました。

結論から言って、やっぱりおもしろい!

 

富裕層からの転落でミニマリストに変わったしぶさん。

その考え方や生きざまが、ありありと書かれています。

物を捨てるテクニックの部分はあまりないです。

ミニマリストという生き方、考え方の本です。

 

自分が大切にしているものはなにか、

モノだけじゃなくていろんなものを選別していこう、

不自由な生活を送っているわけじゃない、

お金をケチりまくっているわけじゃない、

必要なものは持つ、

などなどミニマリストという生き方、しぶさんの生き方が詰まった1冊になっています。

 

これを読んだ後はやっぱり触発されてしまって(笑)

Sponsored Link

服や書類やいろんな箱を、けっこう処分してしまいました。

いい傾向です。

 

「手ぶらで生きる」を読んでみて再確認したのが、

目に入る情報が多いと、判断力などが鈍る

ということです。

 

仕事をしていても、きれいになっている机の上と、いろんなものが散乱している机の上。

集中力が違うんですよね。

なので、もちろん仕事をが終わる時間もぜんぜん違うんです。

 

目から入る情報は、何も考えようとしていなくても自然にいろいろと考えているんでしょう。

「次はあれをしないと」「これが終わっていない」「この資料が完成したら、何をしよう」などなど。

この判断が判断疲れ、思考疲れを引き起こします。

この点から考えて、やっぱり物を最小限にしておくのは大事です。

 

そして、物を減らし、大好きなモノだけに囲まれて生きる。

これもすごく大事ですよね。

毎日、「この服、しっくりこないなぁ」と考えて生きるのか、それとも「今日もこの服はお気に入りだ!」と思って生きるのか。

これだけで人生の楽しさが大きく違ってくるのは間違いないです。

 

実際に最初から最後まで読んでみて、ひと言では感想を語りきれないというのが本当のところ。

広く深く考えさせられる1冊でした。

 

考えてばっかりでは仕方ないので、少しずつでも実践していかなければ!

自分がどんどんリニューアルしていくはずです!

 

手ぶらで生きる。

https://amzn.to/2wiwEpW

Sponsored Link

◆当ブログの人気記事◆

実際に使ってみて良かったクレジットカードまとめ

20枚ほどクレジットカードを試してきた私が自信を持っておすすめするクレジットカードです。

片付け本 これだけ読めばOKの3冊

片づけ本を何冊も買って読んだ私が厳選してお送りします。

洲本温泉 渚の荘 花季に泊まってきた

淡路島の花季という名宿に泊まってきました。その宿泊レポートです!

 - 本・マンガ ,