香川県で生まれ育った、現役香川県人のブログ

香川県で生まれ育ち、今も現役香川県人のばっきーがお届けする香川県情報と思考の数々。

海底二万海里 感想

   

海底二万海里(ジュール・ヴェルヌ)を読みました。

感想!

 

海底二万海里

 

あの有名な本です。

海底2万マイルとも言われています。

訳者によって、タイトルとかもいろいろなんですね。

 

娘が借りてきた小学生用の本をちらりと読んで。

それなら完訳版?も読んでみようと思って借りてきました。

 

で、一気に読み終えたわけなのです。

かなり面白くて、引き込まれましたね。

 

ただ、最初はなかなか取っ付きにくく、読みにくかったです。

あとは、ところどころ魚や貝の種類の描写、歴史の話なんかが面倒かな(笑)

 

話の筋自体はすごくおもしろいです。

怪獣騒ぎが起きて、その怪獣を倒しに行くところから始まります。

怪獣を倒しに行ったと思えば、その怪獣が実は。。。というお話。

ひょんなことから海底をぐいぐい探検することになります。

 

何がすごいって、このジュール・ヴェルヌの想像力!

書いたのは1869年。

この時代に一般人が乗れる潜水艦があるわけでもなく。

それなのに、ものすごい想像力で書き上げた科学小説!

今読んでみても、「うんうん、そのとおりだ!」「分かる!」と思う内容なんですね。

いや、すごいです。マジで。

Sponsored Link

 

そして、正確な深海描写の間で繰り広げられる人間ドラマ。

主人公のアロナックス教授にお供のコンセーユ、カナダ人のネッド・ランド。

さらに他の登場人物が、それぞれの考え・信念にしたがって行動していきます。

 

一気に読み切りましたよ。

ほんと。

 

ネタバレさせずに感想を書くというのは、とても難しいですねぇ。

で、海底二万海里の後日談。

「神秘の島」という作品があるそうで。

続編と言われると、読まないわけにはいかない気になっているんですが(笑)

近くの図書館にない!

困ったぞー!

 

ということで、海底二万海里、おもしろかったです!

 


海底二万海里〈上〉 (福音館文庫 古典童話)

Sponsored Link

◆当ブログの人気記事◆

実際に使ってみて良かったクレジットカードまとめ

20枚ほどクレジットカードを試してきた私が自信を持っておすすめするクレジットカードです。

片付け本 これだけ読めばOKの3冊

片づけ本を何冊も買って読んだ私が厳選してお送りします。

洲本温泉 渚の荘 花季に泊まってきた

淡路島の花季という名宿に泊まってきました。その宿泊レポートです!

 - 本・マンガ