香川県で生まれ育った、現役香川県人のブログ

香川県で生まれ育ち、今も現役香川県人のばっきーがお届けする香川県情報と思考の数々。

災害の少ない香川県だからこそ注意しておくべきこと

   

前の記事、『香川県は災害が少ない』の続きと言えば、続きの記事で関連情報です。

 

香川県は災害が少ないです。

そして、災害が起きても短期的な被害が少ないと想定されます。

 

火山がないので、火山灰でやられることもない。

南海トラフ地震は高知の南なので太平洋側が被害に遭うけど、瀬戸内海側の香川県は被害が比較的少ないと思われる。

伊方原子力発電所はあるけど、一応遠いので、それほどの影響はないと思われる。

富士山噴火はおそらくまるで関係がない(笑)

 

ただ、だからこそ注意するべきポイントがあります。

それは、『食べ物や生活必需品を備蓄しておくこと!!』なんです。

 

もし南海トラフ地震が起きたとき、支援が一番に行く、手厚い支援があるのは、当然ながら高知県や宮崎県や和歌山県などの、太平洋に面した地域。

香川県は後回しになります。

 

そんなとき、想定されるのは、物流が香川県をスルーすることなんです。

とりあえず家はある。

でも、食べるものとか、トイレットペーパーとか、ガソリンが無い。

という状況になる可能性があるんです。

Sponsored Link

 

だからこそ、乾パンやパンの缶詰、長期保存水、カセットコンロなどは置いておきたいですね。

ティッシュやトイレットペーパーも同じです。

そして、ガソリン。

この話を聞いてから、ガソリンは半分くらいになったら入れるようになりました。

 

被害が軽いからこそ、遭ってしまう被害もあるということです。

 

香川県に限らず、災害が起きにくい、被害が少ないと思われる地域は同じです。

準備しておくに越したことはありませんよ。

 

アマゾンとかの大手ショッピングモールには、防災特集が組まれているところもあります。

一度、そういうところをチェックしてみることをおすすめします。

↓ ↓ ↓

★アマゾン防災特集ページをチェック!★

Sponsored Link

◆当ブログの人気記事◆

実際に使ってみて良かったクレジットカードまとめ

20枚ほどクレジットカードを試してきた私が自信を持っておすすめするクレジットカードです。

片付け本 これだけ読めばOKの3冊

片づけ本を何冊も買って読んだ私が厳選してお送りします。

洲本温泉 渚の荘 花季に泊まってきた

淡路島の花季という名宿に泊まってきました。その宿泊レポートです!

 - 日記 , ,