香川県で生まれ育った、現役香川県人のブログ

香川県で生まれ育ち、今も現役香川県人のばっきーがお届けする香川県情報と思考の数々。

片付け 捨てて後悔したものってないよ!?

   

「片付け=捨てること」と言っても過言ではありません。

 

こんにちは、ばっきーです。

 

片付けをするのに一番効果的なのは捨てることです。

捨てられない

あの有名な近藤麻理恵(こんまり)先生も言っています。

断捨離のやましたひでこ先生も言っています。

しかし!一番抵抗があるのも捨てることです。

 

ただ、「捨てられない」ということはいくら整理整頓しようとしてもムリなんです。

収納スペースが決まっている以上、ものが減らないということはどうやっても片付けはムリです。

ムリなんです!

 

いや、ダンボールにがっつり詰め込んで押入れの奥にしまってしまえば、整理整頓・片付けはできますね!

でも、それって使わないし、発掘もされないから、捨てているのと同じです(笑)

 

じゃ、収納グッズで上手にすき間を活用しよう!とか思って、ヘタに収納グッズなんて買おうものなら。。。

さらに収納スペースが減ります。

ここがわかっていない人がものすごく多い!

 

なぜ収納グッズで収納スペースが減るかというと、収納グッズは箱とかになっているわけで、その収納グッズ分のスペースが減るんですよね。

分厚さ5mmの素材を使った箱なら、5mm分は減るわけです。

スペースは減っているのに、収納するべきものは同じ量。

誰が考えても片付け・整理整頓はムリということが分かるでしょう。

つまり、収納グッズも買うだけムダなんです。

 

何度も言いますが、ものを捨てて量を減らさない限りは片付けはムリ!です。

 

「言っていることはわかった。でも簡単に捨てられないんだよ!」

ええ、その気持ち、よく分かります。

どうして捨てるのが難しいかというと、「また使うかもしれない」「捨てたら後悔するかもしれない」という思いがあるからですよね。

 

私もけっこうな貧乏性です。

Sponsored Link

なので、以前はものを捨てるのにものすごい抵抗がありました。

何でも取っていました。

昔に使っていた携帯電話とか、ちょっときれいなお菓子の箱や缶とか、1回読んでそれっきりの本とか、もう聞かない英語の教材とか。

 

いつか使うかもしれない。

今使っている携帯電話が壊れたときに使うかもしれない。

何かを片付けするときに箱が必要かもしれない。

いつか海外旅行に行くときに、また勉強するかもしれない。

そう思っていました。

 

でも、それって置いておいてもスペースのムダになるだけでした。

ホコリもかぶるし、本棚も狭くなります。

ムダでしかありませんでした。

 

そこで、めちゃくちゃ苦労して、気持ちに整理を付けて、ためしに1つ捨ててみました。

それ以降、置いておけばよかった・・・、と思ったことはありませんでした。

物を捨てることに少し抵抗がなくなった私は、続けていくつかのものを捨てました。

 

いくつも捨てるうちに、たまに「あー、あれは捨てたんだっけ。」と思うものもありました。

でも、「くそー、こんなことになるなら、捨てなきゃよかった!」と強く思うことはありませんでした。

今、どんなに思い出そうとしても、「捨てて後悔したもの」って思い出せないんです。

ということは、捨てて後悔したものなんて、ないってことなんです。

 

一度捨てようと思ったものや、使わないかなと思ったものを、「また何かに使うかもしれない。捨てようか、置いておこうか・・・」と悩むのはムダですね。

悩むくらいならその時間を有意義に使いましょう。

ぱっぱっと捨てて、悩む時間は疲れを取るために寝るとか、誰かと飲みに行くとか、勉強するとか、ブログを書くとか。

有意義なことに使いましょうよ!

 

悩んでも意味のないことを悩むのではなく、その時間を他の有効なことに使いましょう。

時間=命がもったいないですよ。

 

とにかく!

片付けをするには、ものを捨てること。

そして、捨てて後悔することなんて、ほぼ0%。

だから、どんどん捨てましょう。

これですよ。

Sponsored Link

◆当ブログの人気記事◆

実際に使ってみて良かったクレジットカードまとめ

20枚ほどクレジットカードを試してきた私が自信を持っておすすめするクレジットカードです。

片付け本 これだけ読めばOKの3冊

片づけ本を何冊も買って読んだ私が厳選してお送りします。

洲本温泉 渚の荘 花季に泊まってきた

淡路島の花季という名宿に泊まってきました。その宿泊レポートです!

 - 断捨離・片付けミニマリスト ,