香川県で生まれ育った、現役香川県人のブログ

香川県で生まれ育ち、今も現役香川県人のばっきーがお届けする香川県情報と思考の数々。

足立の花火大会の穴場スポット紹介!屋台や混雑状況もまとめてみました。

      2018/03/30

足立 花火大会 穴場

足立の花火大会と言えば、毎年ものすごい人出でごった返す花火大会として有名です。やっぱり都心で開催されると違いますね。

けっこう間近で見られるとか、アクセスが楽ということで、毎年欠かさず観覧するというファンが多い花火大会です。ただ、そのせいで、混雑はものすごいです。

この混雑をどうよけて、花火を楽しむかというのが大きなポイントです。足立の花火大会を穴場スポットで楽しむ方法をご紹介します。

Sponsored Link

足立の花火大会の穴場スポットはどこ?

足立の花火大会の穴場スポットといえば、ズバリ荒川の北側の河川敷です。メイン会場の対岸ということで、きれいに見ることができます。有名な場所ですが、河川敷自体がものすごく広いので、数人であれば夕方にゆっくり行っても十分場所取りは可能です。

梅島駅や五反野駅や小菅駅で下車して、河川敷まで歩いていくといいです。歩く距離も1キロ程度なのでどんなに混んでいても、20~30分あれば十分たどり着くことができますよ。

河川敷ということで、レジャーシートやレジャーシートを止めるペグ、虫よけスプレーや折りたたみイスがあれば便利です。暑いので、凍らせたペットボトルドリンクがあればカンペキです。

Sponsored Link

足立の花火大会で屋台は出るの?

足立の花火大会のメイン会場は荒川南側の北千住ですが、北側の河川敷付近にも屋台は出ます。駅から会場へ行く途中にも周辺店舗が出店を出しているので途中で買っていくといいです。

花火が始まる時間が近づくにつれて屋台も混み合いますから、できるだけ早めに確保して現地ではゆっくり開始時間を待つのがおすすめです。

足立の花火大会の混雑は?北千住はどれくらいひどいの?

足立の花火大会の混雑はやっぱり帰りがひどいですね。特に北千住駅は大変です。朝の通勤ラッシュ並の混雑となります。なので、子ども連れや年配連れだと厳しいと思いますね。健康で元気な人でも大変ですから。

見るのにはいい荒川北側でも帰りは混みます。河川敷が広いので、見るだけならいいんですが帰りは一気に人が動き出すのでかなりの混雑を覚悟した方がいいです。花火終了直前に抜け出すか、もしくは花火終了後もしばらくゆっくりするなどして混雑を避けるのがおすすめです。

あと、問題はトイレです。仮設トイレはいくつもあるんですが、花火開始1時間前くらいからは長蛇の列になります。できるだけ、1時間半くらい前にはトイレをすませておきたいところです。

まとめ

足立の花火大会は北千住側から見るのではなく、対岸(荒川の北岸)から見るのがおすすめです。河川敷が広いのでゆっくり観覧することができます。

帰りは全員が一気に動き出すので、かなり混雑することを覚悟しておかないといけません。

Sponsored Link

◆当ブログの人気記事◆

実際に使ってみて良かったクレジットカードまとめ

20枚ほどクレジットカードを試してきた私が自信を持っておすすめするクレジットカードです。

片付け本 これだけ読めばOKの3冊

片づけ本を何冊も買って読んだ私が厳選してお送りします。

洲本温泉 渚の荘 花季に泊まってきた

淡路島の花季という名宿に泊まってきました。その宿泊レポートです!

 - 旅行・レジャー