香川県で生まれ育った、現役香川県人のブログ

香川県で生まれ育ち、今も現役香川県人のばっきーがお届けする香川県情報と思考の数々。

ルドルフとイッパイアッテナは大人も楽しめる物語

   

Sponsored Link

「ルドルフとイッパイアッテナ」を実家で久しぶりに読みました。

大人も楽しめる物語ですね。

ルドルフとイッパイアッテナ

こんにちは、ばっきーです。

昔、夢中で読みました。たぶん、学校の図書室か学級文庫で読んだはず。そのルドルフとイッパイアッテナは、弟のために父が買ってきていました。

発売は1987年。すごく昔の作品です。

実家に帰ったときに見つけたので、あの頃を思い出して夢中で読んでしまいました!

主人公のルドルフという猫が魚屋に追いかけられて、逃げ込んだのは長距離トラック。

気づいたら全然知らない街にやってきてしまって。。。

そんなとき、周辺のボス猫的な「イッパイアッテナ」に出会って日々を過ごしていくというストーリーです。

ルドルフとイッパイアッテナという物語はものすごくテンポがいいんですよね。

急展開もありながら、のんびりした部分もあり、すごくメリハリがある

急展開やアクションシーンでは、息をつく暇もない疾走感がすごいです。

のんびりしたシーンは徹底的にのんびり。ぽよよーんと過ごします。

この展開・テンポが大人でさえも夢中で読ませるポイントになっているのでしょうね。

もちろんストーリーは不思議かつ、引き込まれるストーリーになっています。

主人公のルドルフは飼い猫。

飼い主は小学5年生なので、おそらく小学校中学年~高学年をターゲットにしている作品だと思うんですけどね。

いやぁ、引き込まれました。

ちなみに、ルドルフとイッパイアッテナは「青少年読書感想文全国コンクール課題図書」になり、「第27回講談社児童文学新人賞」にも輝いています。

全部で4冊のシリーズになっているようです。

私は最初の「ルドルフとイッパイアッテナ」しか読んだことがないので、残りの3冊も読んでみようと思います!

ルドルフとイッパイアッテナ

https://amzn.to/2JmnX3I

Sponsored Link

◆当ブログの人気記事◆

実際に使ってみて良かったクレジットカードまとめ

20枚ほどクレジットカードを試してきた私が自信を持っておすすめするクレジットカードです。

片付け本 これだけ読めばOKの3冊

片づけ本を何冊も買って読んだ私が厳選してお送りします。

洲本温泉 渚の荘 花季に泊まってきた

淡路島の花季という名宿に泊まってきました。その宿泊レポートです!

 - 本・マンガ