香川県で生まれ育った、現役香川県人のブログ

香川県で生まれ育ち、今も現役香川県人のばっきーがお届けする香川県情報と思考の数々。

豊平川花火大会の2017の日程や時間、行き方や穴場スポットまとめ!

      2017/10/23

豊平川 花火 2017

豊平川花火大会(道新・UHB花火大会)は札幌市中央区の豊平川で開催されます。1955年にスタートした豊平川花火大会は60年以上の歴史を誇る、北海道トップクラスの花火大会です。毎年多くの観覧客が集まり、打ち上げ場所近くの河川敷はかなりごった返していますね。

そんな豊平川花火大会の2017年の開催日程や打ち上げ時間、便利な行き方や穴場スポットをまとめていきます!こちらで確認して、ぜひ楽しい1日にしてくださいね!

Sponsored Link

豊平川花火大会2017年の日程や打ち上げ時間は?

豊平川花火大会は例年7月の最終金曜日に開催されます。2016年も当初7月29日(金)に予定されていました。なので、2017年は7月28日(金)に開催と予想されます。

また、打ち上げ時間は19時40分~20時30分。これもおそらく変更はないでしょう。また豪雨や強風など、荒天の場合は中止となります。

開催日・・・2017年7月28日(金)(予想)
打ち上げ時間・・・19時40分~20時30分(予想)
荒天の場合・・・中止(延期なし)(予想)

豊平川花火大会への行き方は?最寄り駅は?

豊平川花火大会は、もちろん打ち上げ場所に近い、豊平川河川敷で見るのが迫力があります。打ち上げ会場の最寄り駅といえば、地下鉄南北線の中島公園駅や幌平橋駅です。しかし!この2つの駅はかなり混雑します。

Sponsored Link

なので、中の島駅・すすきの駅・豊水すすきの駅・学園前駅などを利用することをおすすめします。もちろん夕方遅くとか、開始時間ギリギリとかにならない限り、行きはそれほど混むこともありませんから、午後早めに行けるなら中島公園駅・幌平橋駅を使うのもアリです。

しかし、帰りは混雑がひどくなるので要注意です!この2つの駅は使わないほうがいいですね。中の島駅・すすきの駅・豊水すすきの駅・学園前駅を使いましょう。特に中の島駅は帰りの混雑の中でも座って帰宅できたという報告がいくつもあるので、特におすすめです。

豊平川花火大会の穴場スポットを大公開!

豊平川花火大会の穴場スポットは減ってきました。でも、まだまだゆっくり見える場所はあります。

・中島公園キタラ前広場
・札幌コンベンションセンター付近
・北海道大学西門付近
・月寒公園内の高台
・旭山公園
・モエレ沼公園の山上
・東光ストア行啓通店駐車場

がおすすめです。ただし、穴場スポットはどんどん有名になり、どんどん人がやってくるようになります。穴場スポット内でも場所取りが厳しくなりますから、いい場所を取るなら、ギリギリに到着してはダメです。数時間前には到着しておきたいところです。

まとめ

豊平川花火大会(道新・UHB花火大会)は7月最終金曜日に開催されます。

河川敷で見るなら、中島公園駅や幌平橋駅を利用しましょう。しかし、帰りの混雑は覚悟しておかないといけません。

また、上に書いた穴場スポットでゆっくり見るのもいいです。ただ、穴場スポットと言っても場所取り競争はあるので、できるだけ早めに到着するようにしましょう。

Sponsored Link

◆当ブログの人気記事◆

実際に使ってみて良かったクレジットカードまとめ

20枚ほどクレジットカードを試してきた私が自信を持っておすすめするクレジットカードです。

片付け本 これだけ読めばOKの3冊

片づけ本を何冊も買って読んだ私が厳選してお送りします。

洲本温泉 渚の荘 花季に泊まってきた

淡路島の花季という名宿に泊まってきました。その宿泊レポートです!

 - 旅行・レジャー